fc2ブログ
 

千鳥ヶ淵公園 ~桜開花2012年4月 AG-AF105 sample

千鳥ヶ淵公園周辺の桜です
画像は牛ヶ淵側になります
4が6日の時点でほぼ満開といったところです
yuygg.jpg

当日は大学の入学式があったようで大混雑していました
おかげで人ごみではまりました~(泣
iuhbyu.jpg

youtubeはこちら↓


スポンサーサイト



 

デジタル一眼レフカメラ“EOS-1D C”を発売 ~「CINEMA EOS SYSTEM」

映画などの映像制作市場に向け、4K動画記録に対応するなど卓越した動画撮影性能を備えたデジタル一眼レフカメラ“EOS-1D C”を、2012年10月より発売
キャノンのサイトより→eos1d-c.jpg

4k記録が魅力ですが、フレームレートは24pのみでAPS-Hにクロップされるようです
フルサイズですとフルHD60pも用意している模様。。。
いや~、「CINEMA EOS SYSTEM」。キヤノンさん、めちゃくちゃ本気ですな~♪
・・・実売100万オーバーみたいですが。。。www
 

AG-AF105 vs DMC-GH1 vs IVIS HF M41 解像チャート

 カメラの性能を確かめるためにフォト蔵さんの解像チャート→ここ
からお借りして比較してみました。

まずivisから。60i ss1/60で撮影。contrast:-2,sharpness:-2,color:-1,brightness:+1
hfm4160i.jpg
ワイド端ですがかなり画面が変形してます

続いて同じ設定ですがDinamic Stabilization ON で。・・・特に変わらないようです
hfm4160istabi.jpg

続いて24pモード(PF24)で。ss1/48
hfm4124p.jpg
斜め方向の解像度が向上し、ジャギーが少なくなっています



今度はLUMIX DMC-GH1です。24pモード、ss1/30です。contast:-2,sharpness:-2,SMOOTH MODE.
レンズはキットレンズの14-42mm/F3.5-5.6です。f=21mm(35mm換算42mm)で撮影してます
ビットレートを解像ファームでかなり上げているため、解像度がかなり高いです
limi.jpg
コントラストが高めで黒つぶれしやすいのかも。。。



そしてAG-AF105です。同じくレンズはキットレンズの14-42mm/F3.5-5.6です。
f=21mm(35mm換算42mm)で撮影してます。まず60i、ss1/60 gamma:normalで。
agaf60inorm.jpg

60i , ss1/60, gamma:cine-like D ,matrix:cine-like, DRS +1, detail(h&v) +4, Datail coring:+3
agaf60icindrs1.jpg

60i , ss1/60, gamma:cine-like D ,matrix:cine-like, DRS +3, detail(h&v) +4, Datail coring:+3
agaf60icindrs3b.jpg
さすがにDRS+3は凄いコントラストの低さですね!!

つづいて24pモード。水平はあまり変わりませんが、垂直解像度がかなり向上しています
また、エイリアシングノイズもほとんどなくなりました
24p , ss1/48, gamma:cine-like D ,matrix:cine-like, DRS +1, detail(h&v) +4, Datail coring:+3
agaf24picindrs1.jpg

24p , ss1/48, gamma:cine-like D ,matrix:cine-like, DRS +3, detail(h&v) +4, Datail coring:+3
agaf24picindrs3.jpg

AG-AF105の解像度は水平800TV本ということなのでイマイチですね
チャートで確認するとそれが良く分かりますね~。

 

対決●^* CANON NFD24-35/3.5L VS Distagon2.8/35

 対決ということも無いのですが、以前手に入れてあまり使用しない銘レンズ
New FD 24-35mm F3.5L。単焦点レンズを越える解像度を誇る広角ズームレンズです。
すこし重いのですが、これ一本で3本分の画角をカバーでき、解像度も高いことから重宝しますよね。
m4/3だと35mm換算48-70mmと普通のレンズです。・・別に必要なかったかな?w
持ってませんが、NFD20-35mm/F3.5Lというレンズも存在しますが、解像度は落ちてしまうようです。
FDレンズのねらい目としてはあとNFD85mm/F1.2LNFD24mm/F2.0あたりでしょうか。
勿論ハチゴローはいずれやってきますからねwwwww


さて、肝心のこのレンズの画質ですが、比較すると解像度はディスタゴンを超えたな。。
絵的には少し黄色に寄ります。右が最大にぼかした感じです。
P1330796b.jpgnfd  copy

f3.5
nfd 3.5 copy
f8
nfd 8 copy




 Distagon2.8/35
f2.8
d35 2.8 copy
f4
d35 4 copy
f8
d35 8 copy

 下のアイテムは通称(?)白芝と呼ばれ、TOSHIBAのSDHCカードの海外リテール品です。
もうclass10ではこれが定番ですね。動画は言うまでも無く、写真でも連写する場合
これくらいの速度のカードは必須だと思います。







     

    逆光性能など。。New FD 24-35mmF3.5L vs Distagon 2.8/35 AEJ(コンタックス)

    P1330796b.jpgNewFD 24-35mm F3.5Lの逆光性能を
    テストしてみたいと思います。結論から言うとなかなか良いですね♪









    すべて上Distagon、下NFD24-35mm
    d35 f copy
    nfd f1 copy


    d35 f2 copy
    nfd f3 copy


    d35 f3 copy
    nfd f2 copy









       

      AG-AF105 撮影 & レビュー

       撮影とレビューなんですが、いつも言われているようにパナソニック的な絵作りで、どうしても
      緑が強くなる傾向があり、全般的に絵が黄色に傾き安いです。ただ、ある程度は後処理で黄色は
      抜けますのでさほど問題にならないかもしれません。

       むしろ問題なのは常時表れる粒状ノイズだと思います。これは一眼系動画ではどうしても
      出やすく、まだまだ改良の余地はありそうです。なるべく粒状ノイズを減らしたい場合は
      ビデオモードでガンマはNORMAL、DRSはオフで撮影すると良いと思います。ただ、いかにも
      ビデオ的な画質になることはいたし方ありませんね。カメラの売りである
      CINELIKE-D + DRS ではノイズがかなり乗りますので、後処理が必要になります。

       そして、マイクロフォーサーズは素子のサイズが小さいため、感度不足になりがちで、
      どうしても高感度ノイズが目立ちますので、暗所での撮影はやや苦手かもしれません。
      (とはいっても極小素子ビデオカメラより遥かに明るいのですが・・)

       解像度が低いです(公式には水平解像度800TV本とのこと)。そのためか分かりませんが
      塗り絵調に感じることも・・・。外録で変わってくるのかもしれません。どのカメラもそうなのですが、
      パン・チルトをするととたんに解像度が低下します。
       
       オートゲインがありません。プリセット式であらかじめ3種類しかセットできません。
      撮影中にゲインを上げるとその瞬間派手なノイズが発生します。画面が真っ赤になるようなノイズで
      見てられません、要注意です。

       NDフィルター内臓ですが、グラデーションではなく、切り替え式であるため、露出の微調整は
      できません。絞り・NDフィルターなどで調整することになります。

       オートWBの精度が良いと思えません。セットも時間がかかりますし、いちいちゲインをあげないと
      セットができません。

       忘れられがちなのですが、VFRでフルHD60pモードがあります。ただし、録音されません。
       
       


      ☆マジックランタン チュートリアル集★
      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

      最新記事
      プロフィール

      LTA

      Author:LTA
      誰でもデジタルシネマを製作できる時代になりました。気軽に始められる一助になれば幸いです。
      使用機材はBMPC 4K, EOS 50D, GH2, NEX5, Contax G etc
      マジックランタンについても細かくご紹介します

      リンク
      QRコード
      QR

      BMDポケットシネマカメラで使えるSDカード!