FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

今更ですが、そういえば70DもML対応してます・・

 今更になりますが、随分前から70Dもマジックランタンに
対応しています。とはいえ、現在はまだα版?みたいな扱いのようです。

† MLフォーラム(70D)

 まだ、CANONから公式ファームは出てないと思いますが、
特徴としてはカメラ本体によって、70D.111A 版と 70D.111B版の
2種類のファームウェアがあるようです。

 良く分かりませんが、インスト方法は
1 ・ファームをダウンロード
2種類ありますが、片方が動かない場合はもう片方のファームを使用。

2・解凍してSDカードのルートフォルダーへ

3・カメラ本体でアップデートを実行。30秒以内にカメラを再起動

※)アップデート時に30秒以上放置するとアンインストールとなるようです。


自分が持ってない機種のなのでよくわかりませんが、MLが多くの機種で
利用できるのは素晴らしいことだと思います。
メディアがSDカードですが、本体の方がサンディスク等のハイスピードカードには
対応していないのでRAWムービーには不向きだとは思います。

スポンサーサイト
 

そういえば ffmpeg がマジックランタンRAWに対応




ffmpegがMLVに対応

 そういえば今更ですが、ffmpegがデフォルトでマジックランタンRAWムービー
ファイルであるMLV形式に対応しています。詳しくはフォーラムを参照。
 † MLフォーラム

 † ffmpeg公式サイト

ffplay
 コンパイルされた実行ファイルをダウンロードしてくるとffplayが付属しますが、
これにマジックランタンのRAWムービーファイルであるMLV形式の動画を
ドラッグ&ドロップすると、プレビュー表示します。

 ここで、ffmpegを使って普通に動画を変換するだけだと同様に現像設定が
滅茶苦茶のままでまともな絵にはなりません。


従って現状は便利なプレビューツールである
MLV RAWviewer を使用したほうが良いでしょう。
(拙稿参考)

 また、ffmbcはffmpegの改良版(?)にあたります。さらに色々な動画オプションに
対応してまして(逆にかえって対応していないのも多い・・)
特にprores4444などのオプションが選べます。

 † ffmbc

 † ffmbc バイナリはこちら



・・さて、今回はffmpeg (&ffmbc)についておさらいしましょう。



ffmpegの基本

 まずffmpegとは非常に高機能かつ数多のコーデックに対応した
動画変換ツールで、”無料”で使用することができます(GPL2ライセンス)。
よく色々な動画ソフトでこのツールを使用していたりします。

ただ、このツールはそのままですとGUIを用意していませんので
DOS窓(コマンドプロンプト)から動かさなければなりません。
とは言ってもコマンドはかなり簡単で、具体的には次のように
打ち込みます。

ffmpeg MLV
 まず、c:\testなどのディレクトリに
プログラムファイルと動画ファイル、またはRAWファイル(input.MLV)を入れて、コマンドプロンプトから、


cd c:\test
ffmpeg -i input.mlv output_video.mov

と打ち込みます。すると、output_video.movという出力ファイルが得られます。

・・ということで基本的な使い方は、

ffmpeg -i 変換元の動画ファイル 出ファイル名.拡張子


ですね。出力ファイル名は一番最後につけておけばOKです。
ここで、動画のコンテナ(動画を入れる入れ物のようなもの)は
出力ファイル名についている拡張子で自動的に決まります。

 また、出力ファイル名を省略すると元の動画の構成データを
表示してくれます。

ffmpeg -i 元の動画ファイル名



 ffmpegには動画を構成するためのさまざまなオプションがあります。
コンパイル時に取り込んだライブラリによってオプションは異なります。
DOS窓で単純にffmpegと入力するとオプション一覧が表示されます



ファイル入出力

ffmpeg -i 入力ファイル名


・単純に動画ファイルを読み込む場合

ffmpeg -i XXX.avi など・・



・複数の画像ファイルを読み込む場合


ffmpeg -i "prefix"05d.jpg

”prefix” の部分に画像の連番タイトルを入力。
その後、例えば ”05d”なら 00000.jpg~の連続する番号のファイルを
最後まで勝手に読み込みます。


・動画から音声だけ出力
例)

ffmpeg -i 入力ファイル名 音声.mp3

これは簡単で出力ファイルの拡張子を音声に変更するだけ。。


・消音
例)

ffmpeg -i 入力ファイル名 -an 出力ファイル名

-an オプションで音声無しになります

※)ちなみに-vnで映像無しオプションです



フレームレート

例)

ffmpeg -r 23.976 -vsync 0

・・・fps。 -r 29.98 といった感じで指定。ただ、少数は
使用しない方がいい
とも聞きます。。分数指定だと、
-r 60000/1001, -r 30000/1001, -r 24000/1001 等・・・

-vsync 0、 -vsync drop 等・・・フレーム落ちする時に使用すると上手くいったりします


圧縮コーデック

ffmpeg -vcodec コーデック名

動画の圧縮コーデックを指定。画質のパラメータも別途指定する必要があったりする。

例)

ffmpeg -vcodec prores -pix_fmt yuv422p10le


-vcodec prores でプロレズ形式の動画を出力できますが、
Apple本来の品質と異なる可能性が大です。
また、ライセンス等も不明です。
-pix_fmt ・・・prores圧縮コーデックの画質。
proresと合わせて使用。
ちなみにこれを指定しない場合デフォルトでProres422(HQ)となる模様。
※ffmbcの場合-pix_fmt yuv444p10でprores4444となる模様
その他 オプションに-profile hq , -profile 3・・・等の指定ができたりするようですが、
詳細が、違いがよくわからず・・・



例)

ffmpeg -vcodec mjpeg -qscale 1

モーションjpgを指定できる。 
-qscale 1 で画質最高。(0 だったか?
指定するとビットレートが無視されるようです


例)

ffmpeg -vcodec libx264 -b:v 2000k


-vcodec libx264で H264での圧縮。ビットレートは何故か少し変わって、
-b:v 2000kといったような指定になるようです。


例)

ffmpeg -vcodec wmv2 -b 12288k -acodec wmav2 -ar 48000 -ab 128k -ac2 -async 1000

windows media player形式の動画を指定できます
あわせて音声コーデックも指定します。




動画ビットレート

例)

-b 500k

ビットレートです。コーデックによって -b 500kなどと指定。


音声

例)

ffmpeg -acodec libvo_aacenc -ar 48000 -ab 128k -coder ac

まとめて逝きますが、-acodecで音声のコーデックです。
パラメータ名は各バージョンによって異なりますので確認しましょう。
libvo_aacenc ・・AACコーデック
libvorbis ・・vorbisコーデック
libmp3lame ・・mp3

-ar ・・・Hz(周波数)です
-ab ・・・音声ビットレートです。44100等


フレームサイズ


ffmpeg -s 1920x1080 -sws_flags lanczos

動画の画面サイズを指定できます。
-sws_flags・・・画質オプションですが、見た感じ効果が良く分かりません



スレッド数


ffmpeg -threads 10

スレッド数です。デフォルトで0(最大)となるようです。
試したところ、何も指定しないのが一番早かったです。。


著作権情報等


ffmpeg -metadata copyright="LTA Company" author="LTA" album="LTA Best CD" title="Lifetimeart"

-metadata オプションで著作権情報を入れられるようですが、
表示されるかどうかは不明。。


デインタレース


ffmpeg -deinterlace

テレビ等からキャプチャした場合、インタレースが目立つ場合が良くあると思います。
mpeg2からmp4に変えた場合とか何故か目だってくるんですよね~(ウウーン・・・
インタレース解除オプションで効果がある場合があるかもしれません。。が
機能はたいしたこと無いようです。。フィールドオーダーの変え方は
-top 1 でトップファースト。-top 0でボトムファーストとなります。




その他具体例
例)DVD変換(mpeg2) /NTSCの場合

ffmpeg -i 入力ファイル名 -s 720x480 -aspect 4:3 -r 30000/1001 -vcodec mpeg2video -b 5000k -bf2 -acodec mp2 -ab 192k -ac 2 -ar 44100 出力ファイル名.mpg


-terget ntsc-dvdオプションがあったほうがいいかもしれません
あるいは2passにしてエンコ品質をあげるとか・・
ちなみにDVDの最大レートは音声込みで10Mbpsの模様。
また、5Mbps以上の画質が推奨のようです。


2Pass


1行目:ffmpeg ~ input.avi -vcodec XXX -pass 1 -an -passlogfile "/abc.log" output.mpg
2行目:ffmpeg ~ input.avi -vcodec XXX -acodec ZZZ -pass 2 log -passlogfile "/abc.log" output.mpg


2回エンコして画質を上げる。音声は一度のみにする。


携帯変換君

携帯変換君
こちらのソフトを使用するとプリセットを登録できるので
毎回コマンドを打たなくてイイです
 

mlv producer ~ マジックランタン 現像ツール




MLV Producer (MLフォーラム)

mlv producer alpha

  AWPStar氏によるマジックランタンRAWムービーファイル(MLV)の
現像ツール MLV Producerが順調に開発されています。
現在はα1165版まで進んでいますが、以前と比べて現像設定の
各種スライダーが的確に動くようになって使いやすくなっています。

 デモザイク、出力コーデック、LUT、IN&OUTポイント等が
設定できますのでかなりのできばえではないでしょうか?
プロジェクトの保存は無いようです(?)
ただ、キューの保存、プリセットの保存などは可能な模様。

 現状画質的にはシャープネスとノイズリダクションの点で
DavinciやACRに劣る印象ですが、高機能で驚いてしまいます。
将来的に販売する予定なんでしょうか?

 問題は複数の動画のカラーコレクションでしょうか?
それを考えるとDavinci等に突っ込むことになりそうです
 

Diamond Head

Diamond Head

ういっ
Heineken
 

俺たちの・・・

 俺たちの青春だぜ!!
Harley at Tokyo


 ヒューヒュー♪
Harley
 

OLD STYLE

Old Style


☆マジックランタン チュートリアル集★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

最新記事
プロフィール

LTA

Author:LTA
誰でもデジタルシネマを製作できる時代になりました。気軽に始められる一助になれば幸いです。
使用機材はBMPC 4K, EOS 50D, GH2, NEX5, Contax G etc
マジックランタンについても細かくご紹介します

リンク
QRコード
QR

BMDポケットシネマカメラで使えるSDカード!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。