FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

【勝手にResolve】 ~ ノード編 ~

Node

main_4_colorbbbbbbb_Node.png
少し順番が前後しますが、画面右上がNode(ノード)コントロールになります。
ノードは分かりやすくたとえればレイヤーということになるかもしれませんが、
映像に対する各種の属性変更をノードという単位で制御します。
色を変更するたびにその変更情報のためのノードを次々と増やしていくのです。
メニュー [Nodes] - [Add Single Node] でノードを増やし、カラー等を
変更します。Parallelノードで並列にノードが増えます。


main_4_colorbbbbbbb_bmdLUT_icon.png
 プライマリ、セカンダリ、LUT等処理がされると各ノードにアイコン表示されます。
また、ノードの番号をクリックすると、例えば図の例では01番のノードに
コンセントを外したようなマークが表示されます。これはこのノードがオフになり、
その効果がなくなったことをしまします。

基本的な使い方は1ノードに1効果とし、ノードをどんどん追加しましょう。


LUT

 Arriやブラックマジックのカメラなど多くのシネマカメラはLog系の
ダイナミックレンジを折りたたんだ、コントラストの低いProres等の映像で
保存されるケースが多いと思います。そういった映像はLUT(ルックアップテーブル)という
カラー変換表を用いて標準的な映像に戻します。
LUTについては
拙稿”必見LUT集”もご参考にしてください。

main_4_colorbbbbbbb_bmdLUT.png
 マジックランタンの場合はLogではなく、RAWなので現像するだけなのですが、
LUTはそれぞれのカメラのLog系の眠い映像にしか適用できません
(というか狙い通りの色調とならない)
どうしてもLUTを使いたい場合はプライマリの
[Camera RAW] - [Color Space] - [BMD Film]
と変更してカラースペースをLOG系にします。
High Light Recoveryにもチェックを入れます。
この状態でLUTを当てればOKです。各LUTは作成された方々が
処方箋を出していることもあり、その通りにしなければ
狙った効果がでません。勿論事前にWBも直しておいてください。


main_4_colorbbbbbbb_LUT.png
 LUTを当てる時はノードを選択し、右クリック メニューから各種LUTを
選べます。


main_4_colorbbbbbbb_bmdLUT_vision.png
 ためしにVisionのLUTを当てたMLのフッテージ。青みがかってます。


拡大・縮小

 セカンダリの7番目の項目がサイズ調整です。
main_4_color_size.png

 Config画面でも映像のサイズ調整のマスター設定が可能です。
main_4_color_size2.png


キーフレーム

main_4_color_size_ease.png
 右下のパネルがキーフレーム操作です。各属性を時間変化させます。
使用方法は一般的なアニメーションソフトと同じだと思います。
動きの始まりと終わりを表すキーフレームを設定します。
図のChange Dynamic Attributes を選択するとトーンカーブのようなものが
現れますが、恐らくこれがイージング機能(加速度)だと思われます。



静止画キャプチャー

静止画
 プレビュー内で右クリック - Grab Still で静止画がキャプチャーされます。
キャプチャされた画像が左上段に表示されますのでこれを右クリック - Export
で出力できます。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


☆マジックランタン チュートリアル集★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

最新記事
プロフィール

LTA

Author:LTA
誰でもデジタルシネマを製作できる時代になりました。気軽に始められる一助になれば幸いです。
使用機材はBMPC 4K, EOS 50D, GH2, NEX5, Contax G etc
マジックランタンについても細かくご紹介します

リンク
QRコード
QR

BMDポケットシネマカメラで使えるSDカード!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。