FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

【ML】メニュー4 「Shoot」

マジックランタン チュートリアル集 マジックランタンチュートリアル集


shoot
 メニュー4のShoot(写真撮影)です。



Advanced Bracket

アドバンスド ブラケット
 ブラケット撮影です。通常のCANONのブラケット撮影より、
細かく設定できます。

◆ブラケットタイプはTvAe、フラッシュ、DOFの三種類
・TvAeは絞りかシャッターを変えて露出を変更します。
・フラッシュは恐らくフラッシュを炊いて変更するということなのか・・?
・DOFは絞りとシャッターを同時に変更し露出を固定して連射します
FramesがAutoの場合口径が最大から最小まで変化するようです。

◆Frames・・フレーム数を決定します。ただ、-2~+2EVまでしか変化しない
感じなのでフレームを増やしても途中から同じ写真しか撮らない・・

◆EV increment ・・露出の変化幅です・・・が、+-2EVまでしか
ブラケット撮影できないようで大きな数字にしても意味がないという・・

◆Sequence ・・露出の変更パターンです。上げるのか下げ続けるのか

◆delay・・シャッターボタンを押した後送れてシャッターを切ります

◆ISO・・ISOを自動で変更します。特に(というかこれでしか動かないと思いますが)
Mモードでシャッター・絞りを変更せずにISOブラケットをしたい場合に。
ISOの変化範囲も選択できます。



Intervalometer (自動インターバル)

 外部レリーズボタンなしにインターバル撮影が可能です。
自動インターバル
タイムラプス、星景コンポジット(合成)写真が主な目的です

◆Take a pic・・撮影間隔です。注意点としては露光時間+レリーズタイムラグ等
足した時間以上にしなければなりません。なので、星等のタイムラプス撮影で
露光時間1分の場合、撮影間隔は1分10秒とかそういう数字にする必要があります。
タイムラグは・・3秒ぐらいだったかな~(忘れました

◆Start Trigger・・インターバル開始ボタン。普通にシャッターボタンでいいでしょう。
◆Start After・・開始時のDelay時間です
◆Stop After・・何ショットでインターバルを停止するか。
なお、インターバル撮影を途中で止める方法はPreviewボタンです。
◆Manual Focus・・ライブビューでフォーカスを変更できるようですが・・・



Post Deflicker

post Deflicker
 フリッカー処理です。タイムラプス(微速度撮影)用の機能です。

◆Sidecar file type・・Adobe XMPでAdobe用の現像設定ファイル(XMP)を作成。
後でPC上でBridge Scriptと組み合わせてフリッカー処理が可能です。
ufraw用も選択できます。

◆Deflicker Percentile・・50パーセンてる(??)でその画像の中域の明るさを
 あらわしますが、その輝度の変化をフリッカー処理の算出対象にします。

◆Target・・ターゲットにする露出のようです。


AETTR + Deflicker + Adobe Bridge Script で究極のタイムラプスが
可能です。詳しくは拙稿ですがこちら。
星景写真は露出変化がないですが、日中のタイムラプスは
フリッカーが鬼門で、それが軽々と打破できたのが笑いました。




Bulb Timer

 Mモードでシャッターをバルブにすると有効になります。
自在に時間を設定できます。
バルブマニュアル設定
星景写真の場合、Auto Intervalと併用します。




Motion Detect

 モーション検知シャッターです。
モーション検知シャッター
露出が変化、フレームが変化した瞬間に自動でシャッターを切ります。
STDY:逆にカメラの手ブレが止まった瞬間に自動でシャッターを切ったりできます。
露出変化を利用した雷の撮影もできるようです。(MLフォーラム



Mirror Lockup

ミラーロック
 ミラーアップしたまま写真が撮れるようですが、
使用してないのでアレですが、常時ONかセルフタイマーかが
選べるようです。delay項目は一応ミラーが上がってから
遅れてシャッターが切られている感じはします。
超望遠での星景写真用途でしょう。
超広角レンズなんてまずお目にかからないですし・・・




Flash Tweaks

 フラッシュ関連の露出補正です。
・・分かった!これがあの日中シンクロ擬似夜景用のツールだ!(←大嘘
フラッシュを炊いて露出を変更しますが正確な数値で機能するのか・・?




Shoot Prefs

pref
 写真撮影関連の細かい設定です。
Auto interval時に2回以上シャッターを切る等色々できます
Intervalの時間設定も色々変更できるようです。




Silent Picture

 silent_pic.mo モジュールを有効にすると出てきます。
ミラーアップしたまま連射します。が、フル解像度は出ないようです。
とうことでローリングシャッターゆがみが出ると思います。

Silent Pic
 この撮影モードのSlit Scanを使用すると縦あるいは横にラインスキャン撮影します。

Silent Pic
 動かしながら撮影すると歪んだ写真を作成できます。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


☆マジックランタン チュートリアル集★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

最新記事
プロフィール

LTA

Author:LTA
誰でもデジタルシネマを製作できる時代になりました。気軽に始められる一助になれば幸いです。
使用機材はBMPC 4K, EOS 50D, GH2, NEX5, Contax G etc
マジックランタンについても細かくご紹介します

リンク
QRコード
QR

BMDポケットシネマカメラで使えるSDカード!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。